肌をごしごし洗うと乾燥して悪化する原因に!

肌をごしごし洗うと乾燥して悪化する原因に!

ワキガ対策は自己流で良かれと思って続けていることが、実は逆効果になっている場合があります。セルフケアはエチケットとしても重要なことですが、どうせなら正しい方法で続けたいですね。では早速ですが、ワキガを悪化させる洗い方について見ていきましょう。

 

肌をごしごし洗うと乾燥して悪化する原因に!

ワキガが悪化するのは

  • ごしごしこすって洗う
  • 間違ったボディケア
  • 保湿が効果的

以上3つのポイントを見ていきましょう。

 

肌をごしごしこするとワキガが悪化する原因

ワキガの強烈な臭いは肌をこすればなんとなく軽減するような気がしますよね。肌の表面には古い角質や皮脂、汚れなどがたくさん付着していますが、ワキガの場合はごしごしこすっても臭い軽減にはなりません。それよりも肌にダメージが残り、逆に皮脂がたくさん分泌されてしまうのです。

 

ロールオンやスティックタイプなどの制汗剤を使った場合は、成分が毛穴に残っていることもありますので、お風呂でしっかりワキを洗うことは必要です。しかしこすりすぎると肌の表面に傷が残りそこから菌が繁殖してしまう可能性もあります。とくに目の粗いボディタオルを使う時はボディソープの泡をたっぷり使い優しく体を洗いましょう。

 

間違った臭い対策のボディケアの特長について

汗や皮脂を綺麗にした後は仕上げに香料の多いボディクリームを使ってワキガケアをする人も少なくありません。香料が多いクリームは一瞬香りでごまかされてしまいますが、根本的な臭い菌の増殖を止めることはできません。

 

逆に香料が多いボディソープやボディローションなどは添加物で肌に刺激を与えてしまうため、新陳代謝が鈍くなりワキガが発生しやすい環境が整ってしまうのです。ワキガが気になる時は、自分の臭いに敏感になるように無香料タイプのローション、無添加のボディケア商品を使うなど注意しましょう。

 

しっかり保湿をして肌の働きを活発にしよう

ワキガが起こる原因のひとつに過剰な皮脂分泌があります。皮脂は臭い菌が餌とするため、皮脂が多い肌の方が臭いがしやすい傾向があるのです。

 

ワキガが気になり洗浄力の強いボディソープを使って洗うと肌が乾燥し、さらに多くの皮脂が分泌される悪循環が続き、なかなか効率的な臭いケアができなくなってしまいます。

 

そこでワキガ対策で欠かせないのが保湿ケア。ワキは制汗剤による刺激や汗をかきやすい部位であることなど、普段から色々な負担がかかっています。乾燥予防をして皮脂バランスを正しく整えましょう。

関連ページ

使っている制汗剤は本当に自分にあっている?
ワキガには市販の制汗剤が一番手軽な臭いケア方法ですよね。色々な種類や香りがありエチケットとして最も多く使われているアイテムです。ワキガは人それぞれ臭いの強弱や臭いの種類も異なり、制汗剤でしっかり消臭できない場合もあります。制汗剤が自分に合っているかどうか早速チェックしてみましょう。
人気のワキガクリームの正しい使い方とコツについて
ワキガクリームが注目されていますが、商品によってはあまり効き目がないというレビューもありますよね。クリームタイプの特性を生かした人気のワキガクリームですが、どうすればもっと効果を感じられるのか、使い方のポイントについて見ていきたいと思います。
体質改善を意識しながらワキガ対策をしよう
ワキガは肌から直接漂う臭いが一番気になる点ですが、表面のケアだけではしっかりワキガ対策はできません。なかなか効果がある方法が見つからないという方は、体の内側からのケアなどもこれからは参考にしてくださいね。